小型防犯カメラ・監視カメラ・隠しカメラでストーカー・空き巣・車上荒らし対策!

ストーカー対策・空き巣&車上荒らし対策、高齢者やペットの見守りにも役立つプロの探偵が使用する超小型の防犯カメラをご紹介!!スパイカメラは悪用による盗撮目的での使用は処罰対象で絶対厳禁です!

*

自宅の空き巣対策におすすめの小型の監視カメラ!

      2016/06/11

空き巣の多くは窓の数が多く、侵入経路が多い「一戸建て住宅」で起こっています。犯人は狙った家の家族構成や不在時間などの行動パターンを知るために事前に下見すると言われています。犯行時間は午前10時から18時までの多くの人が出掛ける日中と深夜12時から夜中の4時頃までの時間帯に多く発生しています。そして空き巣の手口で一番多い方法は窓ガラスを破壊して侵入します。その為、空き巣対策には日頃から家に誰もいないことを他人に悟られないようにすることと、常日頃から短時間の近所への外出時や在宅時であっても鍵をマメに掛ける習慣を身に付けることが大切です。1度空き巣被害に遭った家は勝手を知られている為、再度狙われやすいので特に注意が必要です。

 

<空き巣対策に効果的な方法とは?>

■空き巣は犯行に時間をかけることを嫌いますので、できるだけ侵入に手間と時間がかかる様にするために窓や玄関ドアには基本的に「2つの鍵」を設置しましょう。

■自宅周りの植木を定期的に剪定することと、庭の塀はできるだけ低くして周りからの死角を作らず外からの見通しを良くするようにしましょう。

■空き巣は犯行前に事前に電話を掛けて留守かどうかの確認をすることが多いため、自宅の留守番電話の応答メッセージは「ただいま留守にしています」という応答メッセージではなく、「ただいま電話に出ることができません」などの留守だと判断しにくいメッセージにしましょう。

■雨が降りそうな日に外出する際は留守であることを悟られない為に洗濯物はできるだけ部屋干ししましょう。

■旅行などで長期に留守にする場合は、留守であることを悟られない為に、新聞・郵便などは事前に止める手続きをしたり、雨戸やカーテンを閉めっぱなしにしないなどの対策が必要です。

 

<空き巣対策に効果的な防犯グッズ!>

■「監視カメラ」をはじめ、人が近づくと自動的に点灯する「センサーライト」、「ピッキングセンサー」、ドアのこじ開け防止の「ガードプレート」や「サムターン回し防止カバー」、窓からの侵入を防ぐ効果のある「防犯フィルム」などを取り付けましょう。最近では防犯用に便利な小型の監視カメラが手頃な価格で販売されています。夜間の撮影や動体検知機能の付いた高性能の超小型カメラもあり、相手に気づかれずに「証拠撮り」のための決定的瞬間を撮影できる監視カメラがあります。

■外から室内の様子が見えにくいカーテンや留守をカモフラージュできるタイマー式の照明器具を設置しましょう。

◎日頃からの空き巣対策を行うことは空き巣被害を未然に防ぐためにも効果的ですが、鍵をかけて外出したにもかかわらず玄関の鍵が開いていたり、部屋が散乱しているなど普段と違う気配を感じたらすぐに警察に通報しましょう。万が一、犯人と遭遇してしまった場合は、大声で助けを呼び、ホームセキュリティを契約している場合は、非常ボタンを押してすぐに外に逃げてください!特に女性は非常に危険ですの”決して犯人を捕まえようとはせず、犯人が逃げやすいように応対して、まずは自分の身を守ることを最優先”にしましょう!



 - 空き巣対策